須恵(末・周准)の珠名
末の珠名姫子(すえのたまおとめ)は万葉歌人高橋虫麻呂の長歌に歌われた古代上総の美女

上総の末の珠名娘子を詠む一首   万葉集巻9-1738
しなが鳥 安房に継ぎたる 梓弓 周准(すゑ)の珠名は 胸別けの 広き我妹 腰細の すがる娘子の その姿(かほ)の 
きらきらしきに 花のごと 笑みて立てれば 玉鉾の 道行き人は 己が行く 道は行かずて 呼ばなくに 門に到りぬ さし並ぶ 隣の君は 
あらかじめ 己妻離(か)れて 乞はなくに 鍵さへ奉る 人皆の かく惑へれば うちしなひ 寄りてぞ妹は たはれてありける 

反歌
金門(かなと)にし 人の来立てば 夜中にも 身はたな知らず 出でてぞ逢ひける    
万葉集巻9-1739
 
 
上総の周淮(すえ)という土地の女性 高橋虫麻呂の「上総の末の珠名娘子を詠む一首」にみえる珠名の容姿は胸が広く腰の細いスガル蜂のような美しい少女で花のように笑って立つと道を行く人は呼びもしないのに珠名の門にやってきたり隣人は妻と別れて家の鍵まで与えるほどであった それゆえ珠名は美貌を鼻にかけてみだらな行為にふけっていた と歌われている 反歌でも金門に人がやって来て立つと珠名は夜中でもわが身をかえりみず出て逢ったことだ という このような珠名という女性は土地のよく知られた芸能者であったと思われよく歌いよく舞う芸をもっていた女性であろう その源は 巫女にあり その流れが遊行女婦と呼ばれる芸能者である 珠名は遊行せずに周淮の地に定着している遊芸の婦で人々はこの女性にあこがれ日々遊楽した 珠名は そうした婦女の中でも美しくまた芸にすぐれていた女性であったに違いない  國學院大学デジタルミュージアム 万葉神事語辞典より 
須恵の国(後の上総国周准郡)は小糸川流域の現在の千葉県君津市・木更津市・富津市の一部辺りとされている