隅 田 川  5 
永大橋~勝鬨橋
すみだ川 今も流れは ありながら また都鳥 あとだにもなし         
教長集   藤原 教長
我が思ふ 人に見せばや もろともに すみだ川原の 夕暮れの空        新勅撰和歌集  藤原 俊成
  
東京名所名物言問団子 墨田区向島5-5-22  隅田川といへば言問橋 言問橋といへば言問団子 栞の由来には『業平の有名な和歌の故事に感じ入った弊店の祖先が現在の地に業平神社建て業平朝臣を祀りこの辺り言問ヶ岡称えるに至った元禄の頃より江戸郊外の風光明媚な向島に四季折々にくる文人墨客の風雅な人々の求めに手作りの団子と渋茶を呈したのに始まる』とある 
   
 上左 八丁堀 与力・同心組織屋敷跡  中央区八丁堀1~2丁目から日本橋茅場町1~3丁目一帯 八丁堀といえば時代劇の捕物帖でおなじみの『八丁堀の旦那』と呼ばれた江戸町奉行配下の与力・同心の町 与力は徳川家の直臣・同心はその配下侍衆 帯に差した十手の朱房も粋な庶民の味方として信頼を集めた 上中 堀部安兵衛武庸の碑 中央区八丁堀1-14-7 亀島川にある亀島橋の西詰(東京駅に近い側)の北側にある 赤穂浪士の1人であった堀部安兵衛の屋敷がこのあ辺りにあったのでこの碑があるようです 上右 戦災遭難死者慰霊碑 中央区日本橋茅場町3丁目13-6  新亀島橋袂にある 二つの石碑はそれぞれ向かって左側が『戦災遭難死者慰霊碑』(太平洋戦争での空襲)右側が『大震火災遭難追悼碑』(関東大地震)です 昭和20年(1945年)3月10日夜半の東京大空襲により全町焼失の際に遭難された霊を慰むる碑 
 
左端 新亀島橋 橋詰に安兵衛武庸の碑がある この辺りは江戸時代は町奉行所配下の与力の屋敷が多数あった所 中左 亀島川 江戸時代亀島川に臨む亀島町は水運を利用する米問屋が多かった 中右 幕末御用商人河村瑞賢居住跡 中央区新川町1-8 航路開拓と治水事業で東北でも知名度が高い 特に東北奥州・出羽の幕領米を廻漕する廻米航路を開削して後年旗本となり広大な屋敷を誇った 右端 新川の碑 中央区新川1-14-7 亀島川から分離していた新川はこの付近で隅田川に合流していた 昭和23年に埋め立てられた新川運河は江戸時代豪商河村瑞賢が船で諸国から江戸へ運ばれてくる物資の陸揚げの為に万治3年(1660)開削された