松島の 磯にむれいる あし田鶴の 己がさまざま 見えし千代かな
                                                     源 重之
    松島や 汐くむあまの 秋の袖 月はものおもふ ならいのみかは
                                                新古今和歌集
    陸奥に ありといふなる 松島の まつに久しく とはぬ君かな
                                                   古今六帖
    たよりある 風もやふくと 松島に よせて久しき 海人のつりぶね
                                                   清少納言
    松島の をしまの磯に 漁りせし 海人の袖こそ かくは濡れしか
                                                後拾遺和歌集 源 重之
    松島の 海人のとまやは 知らねども 我が袖のみぞ しおれわびぬる
                                                 後鳥羽院集
    ふにかふる 契りをのみぞ 松島や 惜しまれぬ身の ならひなりせば
                                                   順徳院集
    更くる夜を 心ひとつに 恨みつつ ひと松島の 海人の藻塩火
                                                   拾遺愚集
    なほざりの 契りばかりを 松島や 惜しまれぬ身は としはへにける
                                                    光経集
    松島の 海人の苫屋も いかならむ 須磨の浦人 しほたるる頃
                                                   源氏物語
    この浦の みるめにあかで 松島や 惜しまぬ人も なき名残かな
                                                  回国雑記
    誰となき 別れの数を 松島や 雄島の磯の 涙にぞ見る
                                                     宗久
    あふ事を いつしかとのみ 松島の かはらず人を 恋渡るかな
                                              続古今和歌集 柿本人丸
    松島や 松のうは風 ふきくれて けふの船路は 千賀の塩竃
                                                回国雑記
     

松島