小黒崎 美豆の小島に あさりする 田鶴ぞ鳴くなり 波立らしも         続古今和歌集 四条天皇

 小黒崎 美豆の小島の 人ならば 都のつとに いざといはましを        古今和歌集 東歌 

 人ならぬ  岩木もさすか 悲しきは 美豆の小島の 秋の夕暮れ      続古今和歌集 順徳天皇

 おくろさき 美つの小島の ゆふくれに たななし小舟 ゆくへしらすも   夫木和歌集 従三位家隆

  
さそふべき みつの小島の 人もなし 一人ぞかへる 都こひつつ      新後撰和歌集
                                                                 光明峯寺入道前摂政太政大臣

  
小黒崎 沼のねぬなは 蹈しだき 日も夕まえに かはづ鳴くなり         夫木和歌集 源 俊頼

  
蛍とぶ みつの小島の 旅人は 都をこふる たまやかくらん               新後撰和歌集 家隆

  
いさとだに いふ人なくて 数ならぬ みつの小島の 秋ぞふりにき      新後撰和歌集 宗尊親王

  
小黒崎 浅きたとえの 身をつくし たてる姿に ふらぬとはみよ          夫木和歌集 源 俊頼

  
都にて とはばこたへん 小黒崎 みつの小島に つとはなくとも        夫木和歌集  信実朝臣 
  美豆の小島 江合川(荒雄川)の中にある小島 以前は川の流れの真ん中にあり本当の小島だったが今や中洲になってしまい昔の美景は感じられないのが残念だ

小黒崎・美豆の小島